モルディブと日本の外交樹立55周年を迎えました

2022年11月12日(土)、13日(日)、モルディブ大使館はMinato Blossom Festaに参加しました。港区に立地する16カ国の大使館が参加したこのイベントで、モルディブのブースでは訪れた方々に観光地としてのモルディブ情報や、伝統工芸品などモルディブの文化について紹介しました。また舞台上では日本人歌手によるモルディブの曲が披露されました。ソービル大使は壇上でスピーチを行い、モルディブと日本の外交樹立55周年の記念に際し、日本との友好関係に感謝の言葉を述べました。イベントの最後にはゲームが行われ、勝者にはモルディブでの旅行パッケージ(Lilly Beach Resort)が贈られました。

本日、2022年11月14日、モルディブと日本の外交樹立55周年を迎えます。

1967年、モルディブとして10番目となる正式な外交関係を日本と樹立しました。モルディブと日本は半世紀に渡って友好関係を築いており、特に過去30年間、両国の協力により2国間のパートナーシップが強化されてきました。

日本は、長年に渡りモルディブの開発を支える最も大きな支援者の一つです。日本の支援はインフラの整備、職業訓練、人材育成、持続可能な漁業、コミュニケーション、スポーツなど多岐に渡っています。また2004年のインド洋津波とCOVID-19によるパンデミックでは、モルディブの人々に対し非常に迅速な支援が行われました。

この55周年を迎える特別な機会に際し、日本政府と国民の皆様に継続的な支援に対し、心からの感謝を申し上げます。

2023年02月05日(日)